本文へスキップ

写真&カメラ専門店カメラの写楽

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0568-63-3001

〒484-0066 愛知県犬山市五郎丸郷瀬川7

フォトクラブ2010photoclub

【2010年フォトクラブ】年間賞結果発表 

【1位】 岡田和子(犬山市) 入賞10回 38点
【2位】 石田勲(可児市) 入賞 8回 23点
【3位】 吉野正伸(犬山市)  入賞  8回 20点
【4位】 寺澤英治(犬山市) 入賞 6回 13点
【5位】 稲垣敏枝(犬山市) 入賞 5回 12点

【5位】 河村正一(犬山市) 入賞 3回 12点
○おめでとうございました○

※得点は月例会1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点











【3月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 2月撮影の作品 

75作品 15名

【1位】
河村正一

【2位】
寺澤英治

【3位】
石田勲

【4位】
岡田和子

【5位】
福嶋淑子











【2月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 1月撮影の作品 

72作品 13名
冬らしい作品、新年の行事など、1月のならではの作品が多数ありました。
構図、背景処理、露出コントロール、シャターチャンス、がよくできていると思います。
写真は主役はもちろん大切ですが、「その主役をいかに引き立てることができるか」がもっとも大切で難しいところです。そのためにはカメラポジションやレンズワークを駆使して撮影することが大切ですね
【1位】【4位】の作品は落ち着いた構図の中に氷の静と川の動がうまく表現され氷の美しさがよく表現できました。また【2位】は、主役の樹氷から落ちる雪が、青空を背景にしかっり表現できています。主役が引き立つ背景処理をし、シャッターチャンス逃しませんでした。【3位】は雪の降りしきる中で燃やされ炎を上げる様子がよく描写できています。【5位】は単純な被写体ですが、露出やレンズワークによって作者の「こう表現したい」という思いが表れて、見る人をぐっと引き付けるとても深みのある作品に仕上がりました。

【1位】
岡田和子

【2位】
平手和明

【3位】
河村弘明

【4位】
石田勲
【5位】
寺澤英治











【2月のフォトクラブ撮影会】富山県五箇山 開催日:2011年2月3日・7日・9日 

撮影地:富山県 相倉集落・菅沼集落、白川郷(3日のみ)
日時:2月3・7・9日 日帰り


今年度最後の撮影会です
越中五箇山、相倉と菅沼の合掌集落へ行きました。今年は何十年ぶりかの大雪ざっと2〜3mはあるでしょうか。3日は今年初めての晴天だったらしく除雪作業に必死でした。こんな豪雪地帯でも晴天になるとあたたかくジャンバーなど要りません。
7日、9日は雪、みぞれ、雨・・・に降られました。この時期の雨はとっても寒いです。











【1月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 12月撮影の作品 

43作品 8名
いろいろと忙しい年の瀬・・・。それにしても少し寂しい作品数です。
寒いこの時期は、なかなか撮影に行くのも気が進まないかもしれませんが、この時期ならではの被写体もたくさんありますのでぜひがんばっていただきたいです。
上位3位は、撮影会での作品です天候に恵まれすばらしい景色でした!共通していえることは富士山をストレートに写していないこと!昔から富士山を撮りに行ったら、富士山を移すな!なんてことを言います。富士山をうまく脇役にしたり、映り込みを撮ったり・・・どれも富士山を撮っていませんでしたね。

【1位】
石田勲

【2位】
岡田和子

【3位】
曽我尚巳

【4位】
吉野正伸

【5位】
寺澤英治











【1月のフォトクラブ撮影会】長野県蓼科 開催日:2011年1月12日・14日 

撮影地:長野県 蓼科 ピラタス横岳・横谷渓谷
日時:1月12・14日 日帰り


一面の銀世界。気温マイナス15度!
しかし、そこには厳しい環境だからこそ見ることができる絶景。

青空を背景にした樹氷はまさに芸術品でした











【12月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 11月撮影の作品 

81作品 17名
入賞作品すべてにいえるポイントはまさに「光」。どれも光をうまく使い、被写体の表情を表現できています。「光と影」、目で見たままの風景ではなく、写真でどう表現するか?こういった場面では露出補正をたくみに使い、意図のある露出を導ける事が大切ですね。あとは忘れてはいけないのはシャッターチャンスを逃さないことです。
大変よくできました!
【1位】
寺澤英治
【2位】
岡田和子
【3位】
石田勲

【4位】
稲垣敏枝
【5位】
吉野正伸











【12月のフォトクラブ撮影会】富士山忘年会 開催日:2010年12月5日〜6日 

撮影地:山梨県 富士山周辺

日時:12月5日〜6日 1泊2日
1泊2日の忘年会を行いました。山中湖近くの富士演習場や朝霧高原、山中湖畔などから撮影しました。早朝の日の出撮影はマイナス10℃くらいまで冷えましたが日中はぽかぽか陽気でした。2日目には甲州市の枯露柿も撮影し、B級グルメ鳥モツ煮もいただきました。たのしい忘年会となりました











【11月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 10月撮影の作品 

79作品 15名
1位の作品は黄葉と白樺、それと暗部のバラスがよく、葉が風に散る様子が暗部の背景が引き立ててしっかり表現できました。2,3位の作品は光、影をたくみに使い被写体の表情が引き立っています。どれも、何をとりたいはもちろん、どのように表現するか?といったところがしっかりと見せられたと思います。
【1位】
吉野正伸
【2位】
大橋幸四郎
【3位】
岡田和子
【4位】
河村正一
【5位】
寺澤英治











【11月のフォトクラブ撮影会】岐阜県開田高原 開催日:2010年11月5日・8日 

撮影地:長野県 開田高原(木曽馬の里、九蔵峠)、御岳霊峰ライン

日時:11月5日/11月8日 日帰り
両日とも雲が多く御岳を望むことはできませんでしたが、雲の間から光が差し込み、スポットライト浴びた唐松はまさに黄金の輝きを見せてくれました。











【10月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 9月撮影の作品 

76作品 17名
1位の作品は乗鞍のチングルマ群生。明暗と背景の処理が抜群です。チングルマをアップにしすぎず群生を表現したところがいいですね。諏訪湖の花火はいろんな作品ができました。花火を素直に撮ったり、湖面の輝き、ズーミングで迫力を出したり・・・花火って奥が深いですね。彼岸花の宝石も素敵です。よく見つけました、そして足元が悪い中よく撮りました。


【1位】
吉野正伸

【2位】
福島淑子

【3位】
小川慎太郎

【4位】
岡田和子

【5位】
曽我尚巳











【10月のフォトクラブ撮影会】長野県八千穂高原 開催日:2010年10月12日・13日 

撮影地:長野県 八千穂高原〜八千穂自然園の紅葉など〜

日時:10月12日/10月13日 日帰り


紅葉真っ盛りの北八ヶ岳。15分ほどのコケに包まれた神秘の森を抜けたどり着いた白駒池の紅葉は終盤です。カラマツがピークといった感じでしょうか。
午後から八千穂自然園周辺で撮影。八千穂高原を紅葉が駆け下りているようでした。











【9月のフォトクラブ撮影会】長野県乗鞍エコーライン 開催日:2010年9月28日・30日 

撮影地:岐阜県 乗鞍エコーラインの紅葉

夜行 コース  9月27日〜28日
日帰り コース 9月30日

今年の紅葉は去年に比べて1週間ほど遅いようです。やっと色づきかけたといったところでしょう。2日間とも雨。雨にぬれた葉や木々はきれいですが、山が見えません。
こんな日は暖かい温泉が最高です。帰りの車内は温泉のいい香りに包まれました。

後半の真っ赤なナナカマドは10月7日に撮影したものです。











【9月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 8月撮影の作品 

57作品 15名

観測至上最高の猛暑の夏。やはり作品も少なくすこし寂しいです。
そんな中でも、早朝の撮影したすばらしい作品が多いです。暑い日は少し早いおきし涼しい中で撮影するのが一番。上位3作品は主役・脇役を画面内にうまく配置しすっきりと仕上げることができました。


【1位】
長瀬とよみ
ちょっと一休み

【2位】
河村弘明
ニッコウキスゲ

【3位】
山本俊春
番茶も出花

【4位】
石田勲
煌きの中で

【5位】
寺澤英治
川踊る












【8月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 7月撮影の作品 

57作品 15名

観測至上最高の猛暑の夏。やはり作品も少なくすこし寂しいです。
そんな中でも、早朝の撮影したすばらしい作品が多いです。暑い日は少し早いおきし涼しい中で撮影するのが一番。上位3作品は主役・脇役を画面内にうまく配置しすっきりと仕上げることができました。


【1位】
長瀬とよみ
ちょっと一休み

【2位】
河村弘明
ニッコウキスゲ

【3位】
山本俊春
番茶も出花

【4位】
石田勲
煌きの中で

【5位】
寺澤英治
川踊る











【8月のフォトクラブ撮影会】岐阜県伊吹山 開催日:2010年8月5日・7日 

撮影地:岐阜県 伊吹山とひまわり
平日 コース 8月5日
土日 コース 8月7日

8月5日 天気 伊吹山:霧雨 醒ヶ井宿:晴れ

連日35度以上の猛暑が続き夏ばて気味でしたが、伊吹山山頂駐車場に着くと一面霧の世界。まるで冷蔵庫の中に入ったような感じで半袖では寒く、カッパを着込み撮影です。高山植物は霧をあびて活き活きとしています。また、水滴もどんどん着いては落ちを繰り返し最高のシチュエーションです。
午後は開花が遅れているひまわりから梅花藻に変更し
猛暑の中で汗びしょっりになりながら撮影しました


8月7日 天気:晴れ
今回は最高に気持ちのよい快晴! 伊吹山でもさすがに暑い!少し歩くだけで汗が吹き出ます。でも心地のよい風がときより吹き気持ちがよいです。
大垣のひまわりもちょうど開花したとの情報で予定通り撮影です。
まだまだ、花の数は少ないが写真を撮るにはOKです。












【7月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 6月撮影の作品 

57作品 15名
梅雨時ということもあり今回は少し作品が少なく感じられました。残念です。
梅雨時だから撮れる作品と言うのもありますのでチャレンジしてもらいたいと思います。1位の朝焼けはまさにこの時期だからこそ、こんなにきれいに朝焼けが出たのでしょう。朝焼けは、いろいろな条件が重なり起こる現象、ここまで焼けるのは大変珍しいと思います。空気が澄んでいること、適度な湿度・雲があることなど・・・まさに梅雨の合間の晴れた日が狙い目なんですね。

【1位】
石田 勲

【2位】
岡田 和子

【3位】
稲垣 敏枝

【4位】
神原 アサミ

【5位】
吉野 正伸











【7月のフォトクラブ撮影会】長野県車山高原 開催日:2010年7月17日・20日 

撮影地:長野県 車山高原のニッコウキスゲ

土日 コース 7月17日※夜行
平日 コース 7月20日

今年の車山は・・・・最悪。なんか変・・・。ニッコウキスゲがまったくない!
どうも、鹿に食い荒らされてしまったようです。例年だと高原一面が黄色に染まるほどですが、今年はほとんどありません。残念。
両日とも気持ちのよい晴天に恵まれ、360℃山並みがすばらしかったです。











【6月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 5月撮影の作品 

92作品 20名
やはり、写真は早朝がいいですね。
今回の入賞作品はほとんどが早朝の色、空気感が良く出ています。

【1位】
晩春の朝
曽我尚己

【2位】
静かなる刻
岡田和子

【3位】
花のれん
稲垣敏枝

【4位】
大正のなごり
水野孝雄

【5位】
目覚め
石田勲











【6月のフォトクラブ撮影会】長野県乗鞍高原 開催日:2010年6月17日 

撮影地:長野県 乗鞍高原のレンゲツツジ

平日 コース 6月17日
土日 コース 6月18日
※夜行 大雨のため中止

好転に恵まれすごく気持ちのよい撮影会でした。
乗鞍岳と満開のレンゲツツジが楽しませてくれました。












【5月のフォトクラブ撮影会】長野県上高地 開催日:2010年5月15日・18日 

撮影地:長野県 上高地

土日 コース 5月15日※夜行
平日 コース 5月18日


両日共、きれいな晴天に恵まれて絶好の行楽日和!この春は気温が低かったせいか新緑は1週間ほど遅いようです。ニリンソウもまだまだ咲き出したばかりと言ったところでしょうか?穂高連峰の残雪はコントラストがあり、くっきりとよく見えます。雪解け水で梓川はかなりの水量で所々濁っていました。












【5月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 4月撮影の作品

98作品 23名
今回は雨にしっとりとぬれた花の写真が上位に3点入賞しました。主役の花だけでなく背景の処理がしっかりできました。「清流の彩り」は配色をピンクにまとめたところが良くとても引き立っています。また、夕日に染まった情景を捉えた「二人の夕暮れ」は太陽が画面に入らないように工夫し、しっかりと桜をシルエットにし二人の大きさもちょうどよい大きさにできました。

【1位】
清流の彩り
岡田和子

【2位】
二人の夕暮れ
水谷昌昭

【3位】
森の王様
舟橋喜義

【4位】
山里の輝き
吉野正伸

【5位】
清冽
小川慎太郎











【4月のフォトクラブ撮影会】長野県駒ヶ根市 開催日:2010年4月22日・23日・24日 

撮影地:長野県駒ヶ根市 花桃の里/箕輪町萱野高原・権現桜など

平日 コース 4月22日(雨)/ 23日(曇り/雨)
土日 コース 4月24日
(晴れ)

22日は一日中・・・雨!撮影は大変だけど雨にぬれて花はしっとりと深みのある色合いになりました。お昼はもちろんソースカツ丼!
23日も曇ったり霧雨が降ったりといったお天気・・・。雨といっても雨具は要らない程度なのでいい感じですね。色もきれいです。
24日は晴天!しかし、中央道が事故で通行止め!一般道を迂回して、2時間かかりました。
やはり、太陽は気持ちがいい!青空入れて撮影できます。この日は時間がないので花桃の里を作った食事処すみよしやで岩魚定食をいただきました。冷たい岩魚の塩焼きは最悪でした。残念です。













【4月のフォトクラブ例会】コンテスト結果発表 3月撮影の作品

56作品 15名
動物の一瞬の表情を上手く捉えた作品が上位に入選しました。
また、雨の中でのカタクリ撮影では「カタクリの美しさ」ではなく、「雨の雫」の美しさを上手く表現できました。

【1位】
食事タイム
岡田和子

【2位】
ほほえみ
曽我尚巳

【3位】
春の花景色
斉藤三男

【4位】
春のよろこび
大橋幸四郎

【5位】

吉野正伸











【3月のフォトクラブ撮影会】愛知県豊橋市 開催日:20010年3月26日・27日

撮影地:豊橋のカタクリ山・豊橋市度植物園

平日コース 3月25日 天気:雨
土日コース 3月27日 天気:晴れ

25日は朝から冷たい雨・・・。もちろんカタクリはほとんど閉じたまま。それでも皆さん水滴という宝石を身にまとった花を夢中になってシャッターを切っていました。

27日は、晴天!日のあたるカタクリは次第に開花し昼頃にはほぼすべての花が反り返っていました。ただ、直射日光がきついのでマクロ撮影は日陰の花を上手く撮影しないと明暗差がきつくなりすぎます。












スタッフ写真

PHOTO STUDIO

証明写真
記念写真
出張撮影
広告写真

→こちら



オリジナルスマートフォンケース印刷